トップページ >  ファンデーションの塗り方 >  化粧崩れを防ぐ方法

ファンデーションの化粧崩れを防ぐポイント!

目の周りや口の周りは、特にファンデーションが崩れやすいですね。
せっかくなら、朝のメイクを持続したいものです。
実は、朝のちょっとしたコツで、1日の化粧持ちを格段にアップすることができます。

まずは、リキッドファンデーションの場合で
1回の量は、どのくらい使っていますか?

パール1粒分が目安です。 パール1粒と聞くと、足りないと思われる方が多いのでは? 実は、ファンデーションは多く塗れば塗るほど、崩れやすくなるのです。 パール1粒分から塗っていき、足りない場合は、少量ずつ追加してみて下さいね。

シミやニキビなどを隠したい部位は、コンシーラーを使用して厚塗りにならないように気を付けましょう。

それから次にここがポイントです!伸ばしていくときに、内側から外側へに向かって、 軽くスポンジでパッティングして優しくつけていきましょう。 そうすることによって、肌とファンデーションがピタッとフィットしてくれます。

仕上げにルーセントパウダーをつけるとさらに化粧崩れを防ぐことができます。

もちろん、化粧崩れを防ぐためにはファンデーション選びも大切です。
ファンデーションのを塗ってしまうと肌の乾燥や皮脂の分泌によって、化粧が崩れてしまいますね。 それなら、乾燥させなければいい!皮脂の分泌を抑制!する成分の入ったファンデーションを使用すればいいのです。
よく耳にする美容液ファンデーションも美容成分が入っています。 乾燥を防ぐ成分は、コラーゲンやヒアルロン酸など。皮脂の分泌を抑制する成分は、ホホバ種子油など。

今では、ファンデーションを塗りながらスキンケアをする時代です。

目の周りや口の周りが乾燥して化粧が崩れるのならコラーゲンなどの保湿成分の入ったファンデーション。 Tゾーンの化粧が崩れるのならホホバ種子油などの皮脂の分泌抑制成分の入ったファンデーションがお勧めです。


 | トップページ |